京都での前撮り, 前撮りの写真でできること, 前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

撮影を楽しむ時間を作るための判断

結婚式の当日よりも前に着物やウェディングドレスを着た姿を撮影したくて、プロに前撮りを依頼するつもりなら、指示書を作るべきか考えることを推奨します。

こだわりを詰め込んだ写真を撮ろうと考えたことで、指示の内容が細かくなりすぎて、指示書の作成に予想以上の時間をかけてしまう可能性もあるためです。

細かい指示を出したことが原因で前撮りを楽しむ心の余裕がなくなり、良い思い出を残せなかったという例もあります。構図などの判断をプロに委ねることで撮影の時間を楽しめて、パートナーと最高の思い出を残せるのが、指示書は必要無いと言われる理由の一つです。

ポーズを指示したのは良いものの、プロが提案したポーズの方がセンスが良いと感じられて、指示の内容が無駄になったという人もいます。夫婦だけで写真の構図などを考えるのではなく、プロの意見を求めることも重要だと考えてください。

全身を写さずに結婚指輪をはめた手元だけを撮影する、手元ショットなどの提案も受けられます。着物のように足元まで美しく感じられる衣装を身に付けているのなら、足元まで撮影できるように前撮りの構図を工夫するといった、プロのアドバイスを受けるのがおすすめです。

ポーズの偏りなどの問題が起きる

ポーズにこだわりを持って前撮りを行いたいからといって、全ての構図に指示を出してしまうと、ポーズの選び方に偏りが起きます。プロのカメラマンはポージングに関する知識が豊富で、似たようなポーズの写真を増やさないことを意識しているのも、美しい写真が完成する理由です。

インターネット上の画像を参考

インターネット上の画像を参考にポーズを考えるだけでは、背景と相性が悪いポージングを選んでしまうことも珍しくありません。前撮りの技術で優れているカメラマンなら、背景に合わせて衣装や二人の立ち方まで指示を出してくれます。

身長やボディラインを意識して最適な構図を考えるのも、前撮りはプロに任せるのが一番良いと言われる点です。ボディラインが美しく見える立ち方というのは、専門家でなければ見つけるのが難しいので、指示を出すのではなくプロに判断を任せることを推奨します。

指示を出したことでカメラマンが嫌な顔をする心配はありませんが、写真を最高の仕上がりにするためには、前撮りの専門家の知識を活かすことが重要です。指示を出すために長い時間を使っていると、日が暮れてしまって理想的な写真が撮れない可能性があるという点でも、テンポよく撮影できるプロを頼ることが理想的です。

京都の前撮りの撮影オプション

結婚式の前撮りを重視するカップルも多いです。結婚式は費用もかかりますし、写真は友達にまかせるだけの人もいらしゃいますが、一生の記念となる結婚写真なのでプロにお願いして満足いくものを残したいですよね。

京都の写真スタジオには屋外で撮影してくれるところがありますので、和装での撮影が人気です。

写真だけでなくたくさんの撮影データが入ったDVDももらえます。デ ータの枚数は写真スタジオやプランによって違いますが多いところでは500枚ほど入っているところもあります。これだけたくさんの写真データがあれば、お気に入りの写真を探して活用することができるでしょう。

またオプションでウェルカムボードや披露宴で使えるオープニングDVDやプロフィールDVDを制作してもらうこともできます。せっかく前撮りをしたのですから、披露宴で使えるアイテムを作っておくのもよいでしょう。

素敵な写真を撮影できて、結婚式でも使うことができますので、結婚式前には京都で前撮りをしておいてはいかがでしょうか。

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

雨の日の前撮りについて

ジューンブライドと言う言葉があります。これは6月に結婚した花嫁は必ず幸せになると信じられているのです。その由来ははるか昔の古代ローマにまでさかのぼります。守護神の加護を受けられて6月に挙式すると永遠い幸せになることがヨーロッパでは長く信じられてきました。

そして西欧で6月は最も気候の良い時期であり挙式披露宴に最適なシーズンでもあります。こうした伝統を継承しメディアに紹介したのが日本のブライダル業界であり、すっかり日本でも定着しました。

そこで日本では梅雨時にもかかわらず前撮りをしようとするカップルが後を絶たないのです。実際6月は天気予報で晴れと言ってもいつ雨が降ってきてもおかしくない状況で、撮影が中断したり延期になることも少なくありません。

雨粒を素敵な演出

ところが、それを逆手にとって雨粒を素敵な演出としてとらえ、カメラに収める事もできるのです。プロカメラマンは撮影時に光を当て雨粒を偏光色に光る演出にすることも可能です。

そしてウエディングドレスにマッチする白居素敵なゴージャスなパラソルをもって撮影するなど、個性が際立つ素敵な写真に仕上げる事もできます。

またフォトスタジオは雨の日に備え、スタジオ撮影に変更することも迅速に対応できます。

幻想的な撮影について

前撮り当日が雨であると、多くのカップルはネガティブにとらえてしまうものです。それはロケーション撮影が難しくなり、泥ハネなど白いドレスを汚してしまう可能性があるためです。しかしそこはプロカメラマンにお任せすると良いでしょう。

足元のドレスが濡れないような工夫と、ミニ丈のウエディングドレスを用意するといった方法もあります。そして前述したように美しいパラソルで相合い傘の演出をして撮影に臨むこともできるようになるのです。これはまさに雨の日にしかできない演出であって、非常に思い出深い前撮り写真になる事間違いありません。

またプロカメラマンは、雨で出来た水溜まりも無駄にすることがないのです。水たまりはその前に立つカップルをまるで鏡のように映し出します。
子の前撮り写真は幻想的であり、世界で唯一無二の素晴らしい前撮り写真に成る事間違いありません。

さらには雨上がりには、虹が出る可能性もあります。虹が水たまりにうつり、さらに白い婚礼衣装に身を包まれた花嫁がうつると、それは実に素晴らしい芸術作品レベルの写真に成るわけです。この写真を目にすればかえって撮影日当日が雨でよかったとさえ思ってもらえます。

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

飼っている動物とも一緒に撮影できる結婚式の写真

動物を飼っている人の結婚

動物を飼っている人が結婚をする時には、動物と一緒に結婚式をしたいと
考えることもあるのではないでしょうか。

ですが結婚式を開催する会場によっては、動物を持ち込むことが禁止されている場合もあります。このような場合には、結婚式の前撮り写真を撮影する時に、飼っているペットを連れていくこともできます。犬を飼っている人は愛犬と一緒に結婚式の記念となる写真が撮れます。

結婚をするカップルの片方だけが動物を飼っている場合だけでなく、カップルが両方とも飼っている場合にも、動物を連れて写真撮影ができます。

本当の家族のように動物と一緒に生活している人ならば、こうした方法で前撮り写真を撮影すれば、一生の記念として残せます。飼っているペットと一緒に前撮り写真を撮影したい時には、動物も一緒にスタイリングをした方がおすすめです。

利用するスタジオによっては、動物が着ることができる衣装が用意されていることもあります。このような衣装を使用して飼っている動物と一緒に結婚式のための写真を撮れば、ペットの魅力をさらに引き出すことができます。動物のヘアセットなどもしてから撮影を始めた方が、さらにきれいな写真が撮影できるのでおすすめです。

シッターに同行してもらうこともできる結婚の写真撮影

飼っている動物と一緒に結婚式の前撮り写真を撮影したい時に注意しなければいけないことは、動物の管理です。しっかりと飼い主の言うことを聞いてくれれば良いのですが、場合によってはおとなしくしてくれないこともあります。

シッター同行

このような場合に頼りになるのがシッターです。シッター同行で前撮り写真の撮影をすることにより、飼い主も安心して写真を撮ることができます。

写真を撮影する前には化粧をしなければいけないこともありますが、このような場合にもシッターのサービスを利用できます。スタジオ内に設置されている化粧室の中に動物を入れることができない場合でも、飼い主が化粧をしている最中に動物を預かってもらうことが可能です。

見守ってくれる人がすぐ近くにいれば、飼い主も安心して写真撮影のための化粧ができます。カップルだけの前撮り写真を撮影したい場合にもシッターがいれば非常に便利です。

このような時だけシッターに預かってもらうこともできるので、カップルが二人だけでじっくりと時間をかけて結婚式のための写真が撮れます。撮影用の衣装を着たい時にも、シッターに預かってもらうことができます。衣装を着るためには手間がかかることもあるので、見守ってもらえる人がいることは非常に便利です。

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期

朝の早い時間に撮影する方法

京都で結婚式を開催したい人は、地元で前撮り写真を撮影しておいた方がおすすめです。

京都でこうした写真を撮りたい場合には、撮影をする時間帯が特に重要になります。昼間に撮影することもでき、夜間に写真を撮ることもできます。どちらの方法もそれぞれメリットがありますが、一番最適な方法は早朝に撮影をする方法です。

早朝撮影

昼や夜中よりも朝の早い時間帯の方が良いのは、この時間帯にしかない、さまざまなメリットがあるからです。

そのために、結婚式用の写真を撮影したい時は朝の早い時間帯に撮る方法を強くおすすめできるのですが、このようなやり方で撮影をする時には注意しなければいけないこともあります。

特に気をつけなければいけないのは、時間通りにしっかりとお店や約束をした場所に行くようにすることです。朝の早い時間帯は通常ならばまだ眠っている時間なので、起きるのが苦手な人の場合には予定した時刻に起きられない場合もあります。

こうした失敗をしてしまうと写真が撮れなくなってしまうので、必ず避けられるように気をつける必要があります。しっかりと当日の朝に起きられるようにするためには、目覚まし時計を複数使用する方法も効果的です。

朝の早い時間に撮影するメリット

ロケーションフォト撮影

朝の早い時間に結婚式の前撮り写真を撮影することのメリットは、早朝ならスムーズにロケーションフォトを撮影できることです。

前撮り写真をするのに最適な場所が京都には多くありますが、こうした場所を利用して撮影をしたい場合には、時間の調整をすることが特に重要になります。

昼間に写真を撮ることもできますが、人気のあるフォトスポットの場合には、同じように写真を撮影している人と時間帯が重なってしまうこともあります。

すでに他の人が撮影に使用している場合には、その場所が使用できるまで待たなければいけないので、非常に面倒です。数十分で終われば良いのですが、場合によってはそれ以上の時間がかかることもあります。

有名な観光スポットの場合には、結婚式以外の目的で写真撮影をしている人も多いために、写真を撮るまでにかかる時間がさらに長くなってしまうこともありえます。

夜間の方が昼間よりも写真は撮りやすくなることが多いですが、場所によっては夜間の方が人が多くなりロケーションフォトを撮りにくくなることもあります。

このような理由があることから、朝の早い時間に前撮り写真を撮った方が、一番スムーズに写真を撮ることができます。

京都での前撮り, 前撮りの写真でできること, 前撮りの時期

京都の古刹東福寺について

寺院の多い京都の中でも古刹名所として知られている東福寺は、摂政九條道家が奈良における最大の寺院である東大寺に負けないようなインパクトにするために、名前をあやかり誕生した寺院になります。

東大寺と奈良で有名だった興福寺の文字をそれぞれもらい受けることで縁起の良い名前にして、京都最大の大伽藍を造営しました。

現在では臨済宗派の大本山の寺院として著名であり、観光客の耐えることのない史跡観光スポットとしても人気になっております。

こうした歴史のある建物や庭園をバックにして、婚前旅行である前撮り旅行を楽しむ婚約者も多くいることが特徴です。

前撮りは結婚式の披露宴やパーティーなどで、人となりやお互いを親族に紹介する意味で事前に写真撮影をすることであり、多くの場合は旅行を兼ねて観光地などへ行くことを言います。

観光地での前撮り

観光を楽しみながら親交を深め、景勝地や寺院観光スポットで前撮りをするということが昨今流行しているのです。

結婚式のコンパクト化に伴い、こうしたイベントを二人で作り上げて地味婚をするなどが、現在人気になっております。

前撮り旅行では京都が選ばれることが多く、史跡跡や有名寺院で前撮りをするのが定番になっているのです。

通天橋での前撮りや顔隠しShot撮影

顔隠しShot撮影とは、顔の一部や全部を結婚に関連したアイテムで隠して記念撮影することです。

二人の思い出になった熊のぬいぐるみや、共通の趣味のグッズや結婚を連想させる寿と書かれたうちわなど、アイデア次第で様々な物が顔隠しShot撮影に使えます。

二人の晴れの日を迎えるにあたり、こうした仲睦まじい撮影をして紹介することで、招待客に二人を紹介することがイメージとして伝わりやすくなるのです。

そして有名な古刹な観光スポット景勝地を背景にすることで、スライドショーを見ている人たちは一時の旅行気分を味わえるというイメージアップ作戦も兼ねております。

東福寺の通天橋は絶景と古式ゆかしい寺院の風景が楽しめる絶好のポイントであり、観光客が京都を訪れた時に足を運んでみたい定番のスポットになっているのです。

前撮り撮影旅行でも抑えておきたい場所であり、境内の渓谷にかかる他の二つの橋である臥雲橋と偃月橋と共に、行ってみたい京都の寺院ランキングの上位に入っております。

こうした場所を選んで前撮り撮影をすれば、一生の記念になるだけではなく、昔話に花を咲かせるメモリアルな一枚として残るのです。

想い出に残す前撮り

思い出を京都で共有したことが、これから結婚生活を送る二人の強い絆になります。

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

悪天候の日でも撮影が出来ます

京都の白河院は美しい景観の山水庭園が特徴になっており、落ち着いた雰囲気の数寄屋造りの建物が特徴です。

結婚を予定しているカップルは、伝統的な和装の衣裳を着用して記念の写真を遺しておきたい人が増えています。

伝統的な衣装で前撮り

基本的には雨の日でも前撮りに対応をしているので、悪天候の日でも撮影可能になっています。

地元で評判の高い写真館に予約を入れておくと、希望の日時に写真の前撮りをしてくれるので安心です。華やかで艶やかな印象の色打掛はもちろんですが、清楚で上品な印象の白無垢などの衣裳を借りることが出来ます。

男性には伝統的な羽織袴を用意しており、豊富なサイズが揃っているので安心です。

現在は感染症などが原因で挙式や披露宴を行わないカップルが多いですが、フォトウェディングを計画している人にお勧めします。

高性能で高画質な日本製のカメラを搭載しているので、高画質で鮮明な写真を遺せるのが魅力です。

その日の体調や天候に応じて撮影を行っているので、体の弱い人も安心出来ます。

現在は写真の前撮りをするのが一般的になっており、時間を掛けて撮影出来るのが魅力です。

4月から5月ぐらいの時期から、10月から11月頃に撮影をするのがお勧めです。

写真の前撮りは早めに予約を入れておきたい

結婚式は二人にとっては、特別な記念なので写真の前撮りを計画している人が多いです。

京都の白河院は地元では評判の高い旅館なので、美しく手入れをしている庭園が魅力と言えます。

伝統的な建物や自然を背景にして、映画のワンシーンのような美しい写真を撮りたい人にお勧めです。

雨の日などの悪天候の日も撮影可能になっているため、人気の撮影スポットと言えます。

数多くの写真館が存在しますが、口コミで人気の高いお店を選んでおくと豊富な種類やデザイン、柄の衣装が揃っているのが魅力です。

自分の顔立ちや雰囲気に合った衣裳を身に付けることで、魅力的な花嫁になれます。

憧れの京都で前撮りをしたい場合は、早めに電話や店頭などで予約を入れておくと良いでしょう。

前撮りの予約

フォトウェディングに使用する台紙やアルバムなどが揃っており、予算に応じたプランを選ぶことが出来ます。

悪天候の日はスタジオ撮影をする人が多いですが、地元の人気スポットは雨の日でも撮影が出来るので利用している人が多いです。

若い頃の写真を遺しておくことで一生の記念になりますし、将来子供が出来た時に見せてあげることが出来ます。

台紙やアルバムに記念の写真を遺しておきましょう。

前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

婚約の際に写真を撮る人が増えている

最近は、結婚式の写真を前撮りで撮影するカップルが増えてきました。
前撮りの良いところは、時間をかけて丁寧に撮れることがあげられます。

その日を一日撮影に使うことができますので、リラックスして撮ることが
できますし、最近は屋外でのロケーション撮影を選ぶ人も増えてきました。

結婚式とは、別の衣装を選べるのも前撮りの良いところです。
前撮りというと、結婚式の写真をイメージする人が多くなっていますが、
最近はエンゲージメントフォトを撮影する人も増えてきました。

結婚の撮影

結婚写真とどう違うのかも知っておきたいところですが、
まず、これは婚約してから結婚式までの間に撮影する記念写真です。

まだ日本ではあまり知られていませんが、欧米では一般的となっており
日本でも少しずつ人気が広がってきています。

フォトウェディングの場合は写真スタジオやチャペルを選ぶことが
多くなっていますが、エンゲージメントフォトの場合は、
撮影したい場所を自由に選べるのも特徴的です。

初めてのデートやプロポーズを受けた場所など、二人の想い出の場所を選ぶこともできます。
ポーズや服装なども自由に選ぶことができますので、個性ある記念写真を残しましょう。

カジュアルな服装で撮れる

フォトウェディングの場合は、ウェディングドレスやカラードレス、
打掛などの花嫁衣裳を着用することが一般的で、男性もタキシードや
紋付きなどの衣装を着用することになります。

これに対して、エンゲージメントフォトの前撮りでは、
特別な衣裳を用意する必要はありません。

デートで訪れた琵琶湖などの想い出の場所で撮影するなら
普段着でも十分です。デートで着用していた服を選ぶこともできますし、
ペアルックでの撮影もおすすめです。

結婚写真の前撮りのように豪華な衣裳を着用するのではありませんが、
より自然でカジュアルな写真が撮れるのが魅力です。

カジュアルに前撮り

フォトウェディングのように衣装代やヘアメイク代に
あまり費用が掛からないので、費用が抑えられるのも
メリットといえるでしょう。

撮影した写真は、結婚式のウェルカムボードや、演出のムービーなどにも活用できます。
琵琶湖のある滋賀県は観光スポットもたくさんあるので、素敵な写真が残せるのではないでしょうか。

水辺をバッグに美しい写真を撮ることもできますし、
ボートに乗っている場面なども楽しい雰囲気があります。

いつも着用している普段着で撮影しますので、自然な良い表情で撮れることも期待できます。

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期

年賀状に前撮りで撮った写真を使うのはおすすめ

子供の成長を祝う行事である七五三には、子供に和服を着せて前撮りをするご家庭も多いはずです。

七五三の前撮り

11月に神社にお参りに行く時は、落ち着く暇がなくてゆっくり写真が撮れないことが多いので、近年では実際にお参りに行く日よりも前に写真スタジオなどで着物を着た写真を撮影しておくのが一般的になっています。

子供が3歳や5歳、7歳になった時の節目のお祝いに、和服を着てカメラマンに写真撮影をしてもらうのは、成長の記録が残せるのでおすすめの行動ですが、せっかく撮った素敵な写真をアルバムに収めて終わりにするのはもったいないと言えます。

そこでおすすめなのは、その前撮りで撮れた写真を翌年の年賀状に使うことです。
それは、子供が晴れ着を着ている写真にはあらたまった雰囲気があり、お正月の挨拶状に添えるのにはピッタリだからです。

こういった写真を新年の挨拶のハガキに使うことで、親戚や知人などに子供の成長を伝えることもできます。
家族によっては、子供の成長を祝う日にご両親や兄弟もフォーマルな装いで一緒に記念写真を撮るという場合もあるでしょう。

子供だけでなくご家族が一緒に写っていても、華やかな雰囲気で近況報告ができるので、是非よく撮れた一枚を選んで新年のご挨拶に使ってみてはどうでしょうか。

年賀状にもふさわしいおすすめの着物の色や柄

七五三の前撮りをする時には、子供用の着物をレンタルすることが多いのではないでしょうか。
その時に、撮った写真を後日、新年の挨拶状に使おうと思っているのなら、着物の色や柄はお正月にもふさわしい雰囲気があるものを選ぶのがおすすめです。

お正月に親戚や知人に見せるのに適している着物の色としては、男の子は凛々しくあらたまった雰囲気がある色なら間違いないでしょう。
それに対して、女の子なら華やかな雰囲気がある色合いの和服を選べば失敗することはないと考えられます。

着物の柄

七五三で子供用に貸してもらえる和服の柄は、大抵の場合、吉祥文様と呼ばれる縁起の良いモチーフが使われているものです。

例えば、男の子の場合は出世や大成を願う意味が込められた鷹や、災難から守ってくれる象徴としての兜、縁起の良い打ち出の小槌などが和服の柄に使われています。

女の子では、美しく成長することを願った牡丹や桜といった花の柄や、平安時代の貴族の遊びに使われた鞠などが柄として描かれていることが多いです。

このような吉祥文様が描かれている和服はおめでたい席にふさわしいので、お正月のご挨拶にもピッタリと言えます。

前撮りで和服を選ぶ時は、お正月のハガキにも使うことを考えて色や柄を選択してみてはいかがでしょうか。

前撮りの時期

前撮りにおすすめの時期について

前撮りをするのに人気の時期は桜が咲く頃や紅葉の季節です。

まずは大まかな撮影スケジュールを立てるとよいでしょう。
写真を結婚式などで利用するのであれば、なるべく2か月から3か月前までの日を選ぶことが重要です。

人気のある季節に前撮りをする場合は、予約が多く入っていることがあります。
確実に希望のタイミングで撮影するために、実際よりも1年ほど前に撮るケースも見られます。

季節や曜日などによって料金にも違いがあるので注意が必要です。
基本的に平日の撮影の方が料金が安くなります。

おススメ前撮りサイトページ情報
URL https://bishouen.com
title 京都の和装前撮り「美翔苑」
description 和装による京都ロケーション撮影やスタジオ前撮りプランを、着物のプロとフォトウエディングカメラマンがお届けするサイトです。上質の婚礼衣装、色打掛や引き振袖、白無垢を着て、全写真データ付が格安の69,800円から。ご結婚後の家族での別撮りも歓迎。
keywords 京都,和装,前撮り,撮影,ロケーション,写真,別撮り,フォトウエディング

 

料金が安い

平日の中でも連休を取りやすい月曜日や金曜日が人気です。

前撮りをする人が少なくなる夏や冬は料金が安くなるキャンペーン行われることがあります。※京都で借りた着物レンタルのクリーニングの仕方

時期について特にこだわりがないのであれば、夏や冬に撮影するのもよいでしょう。
希望の日に撮影を行うには2か月から3か月前に予約をしておきましょう。

一般的な桜のシーズンは3月後半から4月中旬頃にかけてです。
紅葉は11月の中旬から12月中旬までが一般的なシーズンとされています。

桜の季節に撮影したいのであれば1月頃に予約をするのがおすすめです。
紅葉の頃に撮影したい場合は8月までに予約をするとよいでしょう。

京都で前撮りをするならば

京都には桜や紅葉が美しい場所が多数存在します。
前撮りを希望する人の多くが、桜や紅葉の季節を選んでいます。

これらの季節は非常に美しい写真を撮影できるため人気があります。

前撮りをするのであれば、専門業者に相談してみるとよいでしょう。
撮影に最適な季節や場所についてアドバイスをもらうことができます。

業者に相談

実際にスタッフと相談しながら最適なスケジュールを立てるのがおすすめです。

京都には前撮りを請け負う多くの業者が存在します。
インターネットで検索して候補となる業者を選び、
料金やサービスなどを比較検討するとよいでしょう。

経験豊富なスタッフが多く在籍しているかどうかも重要なポイントです。

実績のある業者を選べば最適なプランを提案してもらうことができます。
記念となる写真を撮影するのであれば、なるべく優れた撮影技術を持つスタッフがいる業者を選ぶことが大切です。

長年にわたって活動してきた実績のある業者であれば、基本的に安心して任せることができます。
他の利用者からの口コミ情報なども参考にするとよいでしょう。

身近に前撮りの経験者がいる場合には、信頼できる業者を紹介してもらうのが効率的です。
満足できる写真を撮影するためには優れた業者を選ぶことが重要になります。

前撮りの時期

京都で和装前撮りをするなら桜の季節もおすすめ

前撮りを京都で行うなら和装にも気を付ける

和装前撮り京都で前撮りを行うと、とても格式深く歴史を感じさせる写真が出来上がって満足のいくものになるでしょう。

また、背景が桜のある季節であれば情緒深くなお良いです。

なので春に挙式を行う人であれば、前撮りの場所に京都を選ぶのもおすすめと思われます。

前撮りで有名なお店であれば、着物の柄の種類も豊富で選ぶ
段階から楽しむことも可能です。

しかしながら、せっかく古都で撮影を行うのであれば、着物の柄も
意味のあるものを選ぶのが好ましいです。

着物も意味があり、一般的に桜の季節であれば、状態によって
柄も合わせなければなりません。

季節を先取りしたものが良いとされますから、まだつぼみの段階で
あれば花が咲いているものを選び、満開であれば散り始めの模様を
選ぶのが適切です。

そうしたこだわりを入れてあげることで写真の重みも
違ってくるでしょう。

和装は洋装に比べて着るのも大変ですし時間がかかります。

なのでめったにない機械として、着物の模様や和装の柄も自由に
選びたいと考える人も多いですが、写真は色々な人に見せることも
多いので、ずっと残しておいて誰に見せても自信が持てるように、
着物の柄の意味も考えてみると面白いです。

前撮りなら表情も疲れていない

多くの人が前撮りを行うメリットとして、挙式当日には写真撮影に
かける時間が少ないことと、表情が疲れておらず明るい表情のまま
残しておきたいということが挙げられます。

京都での前撮りであれば気分もテンションも自然と上がりますから、
表情も自然なものが残せます。

桜を背景にして写真を撮るとなると、場所も限られてしまうと
感じてしまう人がいますが、並木道になっておらず、庭園に
1本だけ木があるような状態でも、プロの写真家は美しく残して
くれるので安心です。

データに残す

また、すべての木が同じように満開に
なるわけではないので、もし散って
しまった後だったらどうしようという
心配も事前にある程度避けることができます。

京都の人であれば、大体どれくらいの時期
であれば最適なのかも知っているので、
地元でない人はあらかじめお店に確認
しておくのも良いです。

実際に前撮りをしたことがある知り合いがいるのであれば、
そのような経験者の口コミを参考にもしてみましょう。

メリットばかりではなく失敗の経験談も見ることが
できるので参考になります。

こうしておけばよかった、という後悔のないようにしたい
のであればあらかじめ情報を得ておきましょう。